神戸美容院sur 毎日ストレートアイロンか縮毛矯正どちらが髪を痛めずにやさしいのか?

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

毎日ストレートアイロンVS縮毛矯正どちらが痛まないか?

毎日ストレートアイロン痛む

梅雨のこの季節になるとクセ毛の方は空気中の水分の影響をもろに受けるので

アイロンで真っ直ぐにしてもそれは無駄な時間!

家から出て会社に学校に着く頃にはパサパサでうねります。

以前にもお伝えしたけどクセが気になるのに縮毛矯正をあてている人は

全体数でみると僅かなのです!

その理由が痛むから!という理由がほとんどなのです。

もしあなたが痛むから縮毛矯正はあてたくない!というのであれば

ちょっと待ってください!と声を大にしていいたい。

縮毛矯正をあてないでクセ毛を落ち着かせる方法

・ストレートアイロン

・ブロー

・クセ毛用ヘアケア

・スタイリング剤でガチガチにする

主にこの4つです!サロンでトリートメントでストレート的なものは

今のところ薬剤を使っているものしかなくストパーみたいなものなので論外とする

梅雨で広がるうねりとクセ毛ヘアチューニングの落とし穴

中には4つとも全部やっているよ!というクセ毛マスター的な人もいるだろうけど・・

アイロンとブローでは同じクセ毛を真っ直ぐにする方法であるが

ドライヤーでブローしたとしてもプロがすれば120度程度の高温域使ってブローできたりする。

だからこそ美容院帰りはツヤのある仕上がりにできるのです。

テンションや角度など温度以外の部分も大きいのですが一般の方だとそこまで高温にはならない。

100度にも達していないと思います。

クセ毛 ドライヤー 治す

風量が強いダイソンドライヤーなどは低温なので、熱ダメージという点では少ないが

ツヤの面からすると今一歩でツヤを出すには熱量が必要なのです

プロ目線でのレビュー評価 ダイソンドライヤー

一方のアイロンは素人の方でも簡単に180度場合によっては220度まで設定ができ

しかもブローよりも簡単で誰にでも真っ直ぐストレートにツヤ感のある仕上がりにできることがポイント。

ダメージ面からみるとお分かりのようにアイロンのが高温域になるので

ダメージはより促進されます。この領域になってくると通常使うアウトバストリートメントは使わないこと!

何故ならドライヤー前提で作られているため、アイロンの高温域には対応できず

ダメージがより促進されてしまうからです。最終的にゴワゴワになり熱炭化という

髪が焦げる原因となります。こうなると切るしかないので注意してください。

それとアイロン使う際は完全ドライにしましょう。

特に髪の長いロングの場合は内側が湿って生乾きになっているケースが多いです。

プロはドライヤーの時にブローするのは完全に水分を抜くために行っています。

ロングの方はハンドドライだけではなかなか水分が抜け切れてないということも知っておきましょう。

クセ毛用ヘアケアではクセ毛をストレートに補正する効果はない!

髪の質感をやわらかくしたり落ち着かせたりすることは可能なので日々の中に取り入れるのは

いいと思いますがこれだけではクセ毛解消にはつながりません。

スタイリング剤でがちがちにする場合は、ある程度有効です。しっかりとアイロンいれて

ハードスプレーで固定するなどすれば空気中の水分の影響を受けにくくなるので

ストレート効果をキープすることは可能です。

しかし、それなりに量をつけないと意味がないし、ハードスプレーは通常のシャンプーではなかなか落ちませんので

残留すると素髪はかなりキシキシして、残ったままアイロンをするはめになり、ハードスプレーは

エタノールの含有度が高いのもあってパサパサの水分が一切ない髪になってしまう。

毎日ハードスプレーガンガンの水商売のママさん方の素髪はとんでもないことになってますので・・

華やかさと引き換えに自毛を犠牲にしているのです。専用のオフ剤もあるけど

商売でやっているなら仕方ないけど一般の方にはおすすめできる方法ではありません。

 

 

アイロン派も年に1度は縮毛矯正をオススメします!

西神 縮毛矯正

常連のN様

家族皆さん通ってくださっていて第2の家族のような存在

そんなN様もストレートアイロン派です!

西神 クセ毛 トリートメント

前回は1年以上前に縮毛矯正をあてた。

湿度が高くなるこの季節はどれだけ綺麗にアイロンで伸ばそうが

クセ毛は出てくる。ブローやアイロンでクセ毛が真っ直ぐになるのは

水素結合の影響です。湿度が高いとこの結合が緩んでしまい元に戻るのが原因です。

それをある程度防ぐにはオイルなどで緩まないようにすることですが

髪全体となると難しいです。

5月~9月の間はもっとも湿度が高く、汗もかくので

この季節は縮毛矯正でシスチン結合に働きかけないと真っ直ぐをキープするのは不可能です!

アイロンをするだけ時間の無駄ばかりか髪を痛めつけることとなります。

湿度が低くなれば、クセ毛も落ち着き、アイロンの効果も1日キープすることはできます。

なのでこの季節は縮毛矯正を推奨します!

神戸 西区 縮毛矯正

今まで悩まされていたゴワツキも開放されて

やわらかい手触り、上質なツヤ感が付与されます。

ゴワゴワもピンピンもしない!それがsurの縮毛矯正のウリです!

ダメージこそしますが、それをあなた自身が感じることもないと思います。

特にここ半年くらいでよりダメージを感じることなく

ナチュラルなストレート感を追求してきました。

神戸西区 クセ毛改善 トリートメント

縮毛矯正と毎日アイロンどちらが痛まないか?

この結論は非常に難しいところです。

一般的な縮毛矯正をしているサロンに限れば

アイロンのがダメージが少ないかもしれませんし

ダメージレスを追求しているサロンでは縮毛矯正だと思います。

髪を綺麗にしているつもりで縮毛矯正して痛んでビビリ毛になる!

このようなケースも後を絶ちませんから正しい範囲で使えばアイロンのがリスクが低いのかも?

M3D縮毛矯正で痛む、クセが伸びない!他店で断られてもあきらめないで!

縮毛矯正の失敗!ビビリ毛痛み・40代からのツヤ髪縮毛矯正の秘訣

縮毛矯正でビビリ毛から半年経過

縮毛矯正の失敗!パサパサ痛んで直せないビビリ毛になるの?

私の施術方法であれば縮毛矯正かな!?

アイロンも、耐熱剤をつけてしっかりとドライした上で行う分には

それほどダメージはしません。

ですが毎日の手間と時間を考えれば相当な労力だとも感じるので

素直に縮毛矯正をあてましょう!

髪がボサボサ広がる

縮毛矯正は痛む!?それはもう過去の話です♪

それではまた!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため、コメントの際は計算式の答えを半角数字で入力ください。