神戸美容院sur縮毛矯正でビビリ毛になったその後の状態とビビリ毛になる理由となりやすい髪質とは??

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

電話する

縮毛矯正でビビリ毛から半年経過 

こんばんは

このブログを書いている最中

三宮にも雪雲が流れてきて

見る見る真っ白になっています

明日朝までにちょっとでも降れば積雪しそうな勢い

今日はバイクで通勤ですが

大事を取って電車で帰ろう

駅から徒歩5分で帰れると

電車嫌いな私でも電車に乗る機会が知らずに増えています

明日は路面の凍結もありそうなので

外出の際はお気をつけください

坂の多い塩屋で雪なんか積もったら

スキー場になるw

車はスタッドレス履いても絶対滑る

 

それでは施術です

半年前からのお付き合い

すでに常連様 K様

縮毛矯正でチリチリになった髪

ビビリ毛から半年経過した

縮毛矯正でビビリ毛

ビビリ毛だって縮毛矯正したい

ビビリ毛の状態

こう見ると・・

やっぱりとんでもない状態だ!

ご自宅でのヘアケアも頑張っていただき

サロンでもトリートメントしていただき

二人三脚でこの半年間頑張ってきた

痛んだ部分は極力抹消!

治る見込みがない部分である炭化部分はばっさりと

そしてK様はここまで来た

施術前の状態でこれです

まるで別人の髪になったと思いませんか?

素晴らしい !!

縮毛矯正でビビリ毛になりやすい髪質とは??

K様の髪は軟毛、多量。細い

実はこういう髪質こそ1番ビビリ毛になりやすい

何故だと思いますか?

それは薬剤!アルカリ剤や還元剤濃度の高い薬液

これが縮毛矯正剤のスタンダードなのです

だからこういう薬剤をどのサロンでも扱っている

縮毛矯正の薬剤はここ10年くらいで随分と進化した

これは事実です!

薬剤の種類が本当たくさん増えたのです

しかし、この薬剤を使いこなす美容師さんは

全体の2割ほどしかいないという実感

そもそも使ったことがないという美容師さんもいる

これは何の世界でもそうですが

作業効率というものを重視するから

複雑でマニュアル化しにくい技術は

アシスタントを多数抱える大手サロンでは難しいのです

だからこそ私らみたいな個人店が存在する理由でもある

そしてこういうオーソドックスな薬剤では難しい髪質こそ

ビビリ毛になる

髪が太くて硬い丈夫な髪質であれば問題ないのですけどね

薬剤が増えた分、髪への作用するポイントも

どんどん複雑になってきているのも現状です

だからといってオーソドックスな薬剤のみで

ツヤ髪にする凄腕の方もいます

結局は経験値で結果も変る

 

 

くせが3~4センチ伸びてきた

この髪質で私が大事にしていることは

1回きりしか薬剤をのせないこと

伸びてきた部分にしか基本的に薬剤はのせません

そしてアルカリ度は可能な限り下げる

毛先はタンパク質、脂質の補給を必ずする

そんなことくらいです

もっとシャープにしたいというご要望なので

後ろを更に切り込みました

ビビリ毛は解消した

それでも髪の半分くらいはまだまだダメージがある部分

今後もケアしながら強度を回復させていき

更なる美髪を目指しましょう

それではまた!

 

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

スパム防止のため、コメントの際は計算式の答えを半角数字で入力ください。