神戸美容院sur カラーパーマの薬剤を解毒させる育毛にも効果アリなフルボ酸デトックスカラーの紹介

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

電話する

デトックスオーガニックフルボ酸カラー

3

カラー剤は害なのか?

美容師としてヘアカラーというのは本当に身近なものであって、毎日何人かのお客様を施術しております。
今は黒髪より、染色した髪の方が多く、黒っていうのはあんまり見受けられません。
若いときは、色んな色にしてみて、歳がいくにつれて白髪をカバーするカラーにされることがほとんどです。
で、私自身もこれが商売ですから
そして、お客様の雰囲気も変わり、少し色を変えるだけでツヤが出たり、毛量が少なく見えたりお洒落を楽しむ上で、重要な要素だと思っております。

しかし、身近でいつもみている妻(美容師)ですが、カラーを施術した後、いつも気だるい感じになっているのがずっと気になってはいたんです。

このカラー剤、医薬品と同じなんだと思います。
ある症状を緩和できる薬であれば痛みがあれば痛み止め、熱が出れば解熱鎮痛剤

カラーであれば雰囲気が明るく見えたり、ツヤが出たり、毛量が軽く見えたりと視覚的効果が大きい。
ですが副作用も薬と同じく存在する。

アナフィラキシー(急性のショック症状で非常に危険)

  • 接触性皮膚炎
  • 結膜炎
  • 気管支喘息
  • 腎臓障害
  • 貧血
  • 発ガン性

これは極端な例ですが、徐々に蓄積されるとこのような症状もあると思います。
ジアミンアレルギーと言って染料に対してアレルギーが出ると今後、ジアミン染料を使った施術ができなくなります。大抵のヘアカラーはジアミン配合ですからカラーはNGとなってしまいます。

オーガニックカラーなどのロハスカラーは有効か?

近年、こういったことから肌に優しい?薬品も多く出てきました。
オーガニックカラーなどがいい例です。
ですが基本的な染料、アルカリ剤は、配合されていてオーガニックなエキスが配合されているケースがほとんどです。

毛髪を明るくするということはアルカリ剤、過酸化水素は必ず必要になります。

オーガニック由来成分90%使用 このようなカラーが世の中にはたくさんありますが

残り10%がアルカリ剤や過酸化水素、ジアミン染料なのです。

オーガニックカラーは決して地肌や髪に優しいわけではなく普通のカラーと大差ない。

イメージ戦略で痛まなさそうにしているだけでこんなのは騙しにしか思えません。

オーガニックカラーでパサパサのダメージ毛になったお客様

オーガニックカラーで深刻なダメージ毛になる理由

ローランド、エッセンシティ、AVEDA、ナプラ

オーガニックカラーって言うけど・・こんなのは信じてはならない!

業界で唯一ケミカルではない自然染料はヘナ以外には存在しません。

本当のオーガニックカラーは黒髪を明るくする効果などありません。

明るくするには、メラニン色素の分解が必要になるので必ずアルカリ剤、過酸化水素を用います。揮発した液を吸う美容師は、本当はとってもよくない。

でも、黒髪が明るくなるわけではないので白髪向きと言えます。
では、ヘアカラー辞めるしかないのか?

そのことを長年考えていてハーブを使ったデトックスなどもやっておりましたが根本的な解決には至りませんでした。
綺麗になれて、身体も負担にならない施術それがsurのテーマです。

フルボ酸の力

ブログをご覧になられている方はお分かりでしょうが、健康をテーマとしてトータル的な美を追求しています。
放射線物質による内部被爆にも慎重になっています。
現在でも放射線は垂れ流し状態ですし大阪や九州でも、瓦礫の受け入れをしています。
その結果、どこにいても被爆してしまう危険があります。

特に20歳以下の子供に対しては骨に蓄積したセシウムなどから発ガンしてしまう可能性が高いです。
なので、何が放射線物質を除去できる方法はないかと探しており、そのときに見つけたのがフルボ酸でした。

「地球環境はフルボ酸で進化した」

image05原始の地球は、メタンガスや放射線が多量に存在し、生物が生きることができる環境ではありませんでした。その過激な環境にフルボ酸が加わった途端、様々な強烈な成分が中和され、生命を育む環境へと変化していきます。フルボ酸は、生命そのものの鍵となる物質であるといえます。

また、フルボ酸を大量に生産できるようになれば、医者や医薬品が必要なくなるともいわれ私たちの健康問題にもこのフルボ酸が大きく関わっています。

「フルボ酸ってどんなもの?」
フルボ酸とは、植物などが微生物により分解される最終生成物である腐植物質のうち酸によって沈殿しない水溶性の天然無定形高分子有機酸で、70種類以上のミネラルや微量元素を含んだPH3以下の酸。

古いフランス語の“金色”を意味するフルボ酸(FulvicAcid)は、黄色をした分子量の小さい有機酸です。

フルボ酸の効用

1.キレート
有機酸が分子構造の中にミネラル(金属元素)を結合した状態をキレートといい、
その語源は“蟹のハサミ”というギリシャ語に由来しています。
クエン酸、フィチン酸、シュウ酸、リンゴ酸、フミン酸はキレート作用をもつ植物由来の有機酸です。
フルボ酸は、無数のカルボキシル基によって70種類以上のミネラルや微量元素と容易に結合と解離を繰り返す並はずれたキレート力を持っています。

2.トランスファーキレーション(移送)
動植物の生命活動を支える重要なミネラルや微量元素をキレートして生体内に供給します。
有害な重金属類などの不要な物質をキレートして体外に排出するデトックス作用に優れています。
この媒体としての働きがフルボ酸の最大の特長です。
それ故に、フルボ酸は「知能を持つスーパー運び屋」とも言われています。

3.フルボ酸複合体
フルボ酸複合体
フルボ酸にキレートされ、有機化した鉄や銅、亜鉛、マグネシウム、ゲルマニウムなどのミネラルは植物の根から吸収され、食物連鎖によってあらゆる動植物の生体内にフルボ酸複合体として存在しています。キレートしたミネラルや微量元素の機能を飛躍的に高め、生体内への吸収を助けるという特殊な能力を持っています。朝鮮人参や霊芝、ニンニクに豊富に含まれる天然の有機ゲルマニウムもフルボ酸複合体のひとつです。

4.ミトコンドリアに働きかける

フルボ酸は全ての細胞内で、酸素で糖を分解してエネルギーを生産するミトコンドリアを活性化させます。細胞内のミトコンドリアを活性化し、エネルギーの生産性を高め、あらゆる細胞の新陳代謝を促します。腸内細菌を活性化し、整腸作用を高め、ホルモンや酵素、抗生物質の産生を促します。

5.自然治癒力に働きかける
免疫細胞を活性化し免疫力を飛躍的に高めます。

6.活性酸素に働きかける
強力な抗酸化作用により、活性酸素を除去することで細胞や遺伝子を保護します。
フルボ酸を土壌に施すと、抗酸化力や免疫力に優れた農産物を収穫することができます。

7.酵素システムに働きかける
消化酵素を活性化し栄養素の吸収を高めます。
代謝酵素を活性化し神経やホルモン系、免疫系のバランスを整えます。
さらに、人の体内には3000種類の酵素があると言われ、酵素栄養学によると、体内酵素(代謝酵素と消化酵素)の一生涯での製造能力は決まっていると言われております。
つまり「体内の酵素を早く使い切るか、温存しながら大切に使うかによって長寿と健康は大きく作用される」訳ですが、フルボ酸はこの酵素を活性するだけでなく、酵素の寿命自体を引き伸ばす可能性があると言われています。

8.ヒスタミン異常に働きかける

『ヒスタミン』とは、異常に生成される事で、アトピーや様々なアレルギーの原因95%と言われる物質です。炎症物質ヒスタミンの生成を抑制し、内的・外的な要因により生じるアレルギー症状を緩和します。
フルボ酸を飼料に配合して育てた鶏の卵はヒスタミン数値が0になります。

9.遊離基捕捉剤として働きかける
電気的・化学的に不安定で有害な化学物質や重金属を安定化させる働きに優れています。理美容室で使用される、カラー剤やパーマ剤なども、電気的・化学的に不安定な化学物質のひとつです。
例えば、パラコートとして知られる有機除草剤は、フルボ酸により急速にその毒性が除去されます。
また、フルボ酸は、放射性核種ともキレート錯体を形成し、変化させます。

ひまわりプロジェクト

メキシコのルベン教授が、ヒマワリの特性を利用して、フルボ酸で土壌の重金属の浄化に成功し、「アインシュタイン特別賞(農業サイエンス賞)」を受賞。
このルベン教授を指導したのが、ミヤヤマ博士です。

また、福島の被災地でも、ミヤヤマ博士の指導のもと、放射性物質の土壌汚染を食い止めるべく「ひまわりプロジェクト」が行われ、イギリスの新聞でも紹介されました。

フルボ酸デトックスカラー

このようにフルボ酸は、身体になくてはならないもの。

本来なら野菜から摂取できていたものが土壌汚染により、土の質が悪くなりフルボ酸の摂取が困難になってきています。この強力なキレート作用は、もしやヘアカラーの毒もキレートできるではないか!?
そう思って、まず私が、フルボ酸飲用とシャンプー製品一式試してみたところ身体の疲れや肩こりが楽になり、そして痩せました。

これは今まで溜まっている化学物質が排除されたからだと感じました。
玄米もキレート作用がありますが、今まで食品添加物をはじめカラーなどのケミカル製品にずっと配慮してきた方だといいと思いますが、以前に添加物摂取をされてきた方にはもっと強力なキレート作用が必要です。
このフルボ酸を使った施術を早速敏感な妻に試しましたところ驚くべき変化が感じられました。
まず、気だるさがなくなったこと。デトックスカラーをした後、何故だかとても元気になりました笑
薬剤の匂いが完全に施術中に消滅したこと、そして、残留した匂いも、なかったこと。
頭皮がする前よりも、健全な青白い頭皮になったこととても驚きの結果になったんです。
そんなことでデトックスフルボカラーをメニュー化致しました。

<アトピー>頭皮の痒み乾燥を潤すABローションの力

健康と美が手に入る驚きのカラーです。
施術の流れはタップリとカラー前に、フルボ酸ローションを頭皮と髪に浸透させ時間を置いてカラー剤の中にもかなり添加いたします。
すすぎ時の乳化の際にもたっぷりとフルボ酸を塗布いたします。

時間にするとカラーに30分ほどが目安です。ですが、今まで溜まった添加物が多いともっと時間がかかるケースがございます。

料金はカラー料金+3300円となっております。