神戸美容院sur ノンシリコンシャンプーとは?ノンシリコンであれば地肌も髪も綺麗になれるのか?

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

ノンシリコンとは?本当にヘアケアにノンシリコンが痛まないのか?

お客様からの問い合わせがあったので

ご紹介させていただきます
サイトを見て気になってメールさせてもらいました
私は髪にすごく悩みがあります
まず自分に合う髪型がわかりません
したい髪型が自分に合ってるかわからないですし、

私は右の髪がはねますので綺麗な内巻きにならないです
髪は今はショートボブぐらいです
あと前髪に生えグセがあり分かれます、
今、カラーをしていますが、それが理由なのか髪が痛んでる気がします
カラー用の天然のシャンプーを使ってはいます、頭皮にニキビができるのも気になりますし、少しかゆくもなります
私は基本、敏感肌なので天然の化粧品が好きなのでノンシリコンか合成の界面活性剤など使われてないかも気になっています
カラーもしたいですが頭皮に優しいか気になりますので教えていただければと思います
長々とすいません

この中で気になるフレーズは

敏感肌ということと自然派志向ということがお分かりいただけると思います

ヘアケアにオーガニックは必要か?

ここで書いているのでよくご覧ください

 

ノンシリコンで髪が綺麗になり地肌も健康的になるのか??

シリコンが髪の呼吸を妨げる

シリコンが毛穴を詰まらせる

このような文言が目立つため

シリコン=悪となっているイメージです

もしシリコンが完全に髪の呼吸を妨げるのであれば

ラップを巻いたように髪に水分を通さないはず

シリコン使っていても髪は普通にシャワーで濡れてしまう

シリコンは網目上の構造なので何の問題もありません

個人的にアモジメチコンの質感が好きじゃないくらいです

 

合成界面活性剤=悪

これと全く同じですね

ちなみに私らの美容業界サイドから見れば

大手メーカーさんはノンシリコン完全否定派ですし

私もそう思います

花王さんの引用

ヘアケア製品を含む化粧品には、肌や髪に対して負担を与えないことを確認された原料が使用されています。シリコーンも同様です。さらに、花王では、シリコーンを配合している花王のヘアケア製品ついて、通常の使用方法で、地肌の毛穴のつまりを起こすことはなく、成分の浸透を妨げることがないことを確認しています。

・地肌の毛穴につまりを起こしません
通常のシャンプー方法で、1ヶ月以上連続使用した地肌の毛穴に、シリコーンがつまる兆候は見られません。また、シリコーンの配合量や残留量、皮脂となじまず髪表面に薄く広がりやすいというシリコーンの性質からも、毛穴につまりを起こすとは考えられません。

・パーマのかかりやヘアカラーの染まりに影響を与えません
ダメージ毛・健常毛の双方に対し、シリコーン配合油剤、ノンシリコーン油剤で処理したのちに、パーマのかかりやヘアカラーの染まりを調べた結果、シリコーン配合有無によるパーマ・ヘアカラーの効果の違いは見られませんでした。

・毛髪への他の成分の浸透を妨げません
シリコーンは、洗髪中など、水のある状態では、球状の油滴として髪の表面にあるため、過剰な量でなければ、他の成分の毛髪への浸透を妨げません。

これは成分に最も詳しい化粧品処方者の方も同意見でした

結局のところ何かを悪者にしたほうが

分かりやすく、それだけで商品は売れてしまうものです

なのでシリコンが悪いというのは

オーガニック同様ビジネス絡みだと思います

まずこういった大手さんはちゃんと研究して

安全データが揃っているものしか使いません

新規成分を目新しいからといって販売するのは

あまり聞いたことのないようなメーカーだったりします

ノンシリコン唯一のメリット

さっぱりとした洗いあがり

特にボリュームに悩んでいる方にはオススメできます

ですが市販品の多くはノンシリコンシャンプーであっても

トリートメントには普通に入っているので何がしたいのやら??

シリコンは確かに皮膜しますし

そのためにはカチオンの活性剤で髪に吸着させるように

作っていることが多いのですが

カチオン成分はビルドアップするので

最初は良くても積み重なって質感を悪くさせたりはしますね

無添加 オーガニック ノンケミカルの功罪

オーガニックカラーで深刻なダメージ毛になる理由

だからたまにシリコンオフして

質感を上げる処理をすることも大切です

 

もしあなたがパーマ、カラーなどしているのなら

そして、髪がゴワゴワして困っているのなら

ノンシリコンはオススメしません

そしてシリコンはかなり種類が多いため

助剤などの組み合わせ次第でかなり質感が変ります

サラサラからしっとりまで無限大です

気になるシリコンの安全性について

自然界に存在しない人工物であるシリコーン

そのためアレルギー性がないのが特徴で

シリコンアレルギーの方などはまずいません

天然物か人工物かこだわるよりも

どちらが安全性が高いのか?

検討する余地はあると思います

それではまた!

 

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

スパム防止のため、コメントの際は計算式の答えを半角数字で入力ください。