神戸美容院sur オーガニックヘアカラーは何故痛まないのか?普通のカラーと何が違うのか?

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

オーガニックカラーで深刻なダメージ毛になる理由

過去に何度も何度も呪文のように唱え続けている

オーガニックカラーなんて信用するな!

そんなことをずっと言ってきたのだけど

市場を見渡してみるとオーガニックケアという

カテゴリは根強い人気

surも健康美を提唱するからには

本当はオーガニック物で揃えたいのですよ

オーガニックケアは魅力的であるがsurがしない理由

何故なら安全性も高くなければ結果もイマイチであるから

我々美容師は化学薬品を使用しなければ

パーマで形を変えることも

髪を明るくすることもできない

完全に自然植物由来というのであれば

ヘナで白髪を染めることとカットしかできなくなる

本当に自然にこだわるのであれば

この二つしかしていない

そういうところは割り切っているため素晴らしい考えだと思います

でも私がしたいことは自然素材を使うことにこだわっているのではなく

お客様がコンプレックスに思っている

髪の悩み、クセ、ダメージ、薄毛、剛毛

 敏感肌、アトピー

こういったものを解消できるようなお手伝いをしたい

そういった悩みに対してオーガニックな物ではお応えできないのです

詳しくはこのあたりの記事を参照

無添加 オーガニック ノンケミカルの功罪

ヘアケアにオーガニックは必要か?

アヴェダ、ヴェレダ、ジョンマスター

皆大好きロクシタンであろうとも

全部同じです

髪質が悪いと使うべきではない

普通に高級アルコール系洗浄剤だったりします

敏感肌やアトピーの方は特に注意してください

アロマの香りで癒されている場合じゃありません

普通にシリコーン混入しているシャンプーもありますよ

オーガニックシャンプーの定義は何なのか?

自然な

それを今一度考えて見ましょう

オーガニックケアとはイメージ戦略のひとつにすぎない

そして一般の方は成分みてもちんぷんかんぷんと言います

だったらこうしてください

合成界面活性剤不使用

パラベン不使用 無鉱物油

そんなことを謳い文句にしている製品は手に取らないこと

久しぶりに突っ込み満載のお客様登場

 

今回で2度目のご来店

何故か私も知らない美容師からの

トリートメントがすごいところがあると

オススメでsurにご来店くださった!笑

ウチのブログ読者さんなのかな?

変な流れやけどありがとうございます

img_8889

いや~彼女かなり面白い

今時の考えというのかな??

この後ろ姿を見て何歳に見えますか?

実は彼女はまだ20代

それなのにエイジングサインが出ていますね

とっても髪質が軟らかくてねこ毛で

すぐにぶちぶち切れてしまいます

履歴を探ると

オーガニックカラーで染めて

予想より暗かったからもう1度トーンアップしたが

それでもカラーが明るくならず

そして残されたのは髪のダメージ

縮毛矯正も定期的にあてているそうなので

この髪質からして相当やばい状態にあるのです

自身の髪質が細くて痛みやすいのもよく分かっている

ヘアケアはミルボン、オージュア

ドライヤー ヘアビューザー 2D Plus

コテ    ヘアビューロン

この美容機器は傷まないばかりか

潤いが出てくる魔法のドライヤーとコテ

しかし、そんなのも全然効果ないと彼女は気付いた笑

そして今回したカラーはローランド社Hカラー

ここのメーカー営業に来ていたな~

追い返しましたけど・・

これもオーガニックがウリのカラーメーカー

オーガニックカラーは通常のカラーよりダメージしないのか?

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%ac

彼女の髪を見て答えは分かるであろう

より健康でより自然で化学処理を行わない成分で

健康な身体を保ち生活の質を向上させる

これがローランド社のコンセプト

言っていることはよく分かるし

私もできるならそうしたいといつも思ってます

でも所詮それは理想

夢と現実は違うのです

髪を柔らかくみずみずしくさせるために、

オーガニック農法によるスイートアーモンドエキスとカラスムギエキスが加えられ、

毛幹の奥深くまで栄養を与え回復

これが意味不明なのです

ここのメーカーはアンモニアフリーで

モノエタのアルカリ剤が使われてますね

ノンアルカリでは明るくできませんので・・

そして、カラーチャート見ていると

かなりハイトーンまで揃ってます

そしてパウダーブリーチまで用意してある

ということはですよ

何がオーガニックカラーじゃ!!

普通のカラーリングと何一つ変わらない

そしてモノエタは揮発しないので

ちゃんと処理しないと残留アルカリがいつまでも悪さをします

そのためよりダメージが促進される

オーガニックカラーが痛まないなんてウソ

そして髪にやさしい、地肌にやさしいもウソ

染料もジアミンの化学染料なわけです

それが彼女の大きな誤解である

オーガニックカラーは痛まないにあります

これはどこのオーガニックカラーであっても

同じですよ

本当に痛まない自然素材はヘナしかありません

これじゃ黒髪には明るくなりません

彼女のご要望は絶対痛ませたくないということ

オリジナルトリートメントと漢方ハーブカラー

img_8210

この組み合わせが最もsurでのダメージを抑えたカラー

ですがそれでもノーダメージではありません

明るくするにはアルカリと過酸化水素は必須です

その濃度をできるだけ薄くして

そしてアルカリと同時に内部にタンパク質を入れてあげれば

ダメージは最小限に抑えられる

する前よりもハリコシはアップしますよ

ちなみにアンモニアのがダメージを抑えられやすいので

ダメージ気にされていて髪質があえばアンモニア使うことが多いです

彼女の場合はすぐに明るくなるので注意が必要なタイプです

 

そしてもうひとつ決定的な過ち

髪の毛は正しい食事によって作られる

完全菜食主義ビーガン(VEGAN)からの脱却パーマ

この記事の実体験で私もやはり食事は大事だということを

改めて痛感した次第です

彼女の興味分野は多岐に渡るけど

これも現代病の1つかもしれない

何でもすぐに情報を知れる反面

何が正しいのか正否の判断ができない

ネットリテラシーが低い

情報を使いこなす力を使いこなせる能力に長けていないのであれば

いっそのことネット情報を遮断してみては?

そうすると本当のことが見えたりしますよ

彼女もビーガンの講習会にいったそうです

そこは一種の宗教団体みたいなもの

考えが一直線になりすぎると

洗脳がかかる、これも食べれない、あれも食べれない

あれは毒だ、そして自分にも厳しいが他人にもきつくなる

その人の本当の魅力が半減してしまうといってもいいと思います

ビーガンをストイックにやって貧血で倒れてしまった

それに気付きビーガンは卒業したものの

今は365日ほぼ外食だという

なんとなく分かるかもしれないが

彼女は典型的なお嬢様です

これ以上は控えますが

信じてしまいやすい、騙されやすいのですよ

何度も詐欺に合っておられます^^:

そんな365日の食事内容を聞くと・・

パスタとパン

ここ1年くらい米をちゃんと食べていない

完全にタンパク質が不足しちゃっていますね

自身でも分かっている疲れやすさ、だるさ、

それがこの髪質なってしまっている本当の原因

タンパク質が欠乏して薄毛にも悩んでいる

髪にハリコシがないもの食事が原因

だからたくさんタンパク質とって

グルテンフリーになれとは言わないけど

日本人やからやっぱり米を主食にしたほうがいいですよ

手軽に摂取できる小麦食は便利なんですけどね

美味しいですし・・

ちょっとおっさんの説教じみたお話になってしまったけど

ちゃんとした食事頑張って作ります

最後には言ってくれたので

きっと髪も良くなってくるはずです

まだ若いですから~~

今回はかなりハリコシ充填させて

髪に活を入れさせてもらいました!!

 

img_8890

そして彼女はどこのカラー剤かをすごく気にされる

ぶっちゃげどこのでもそんなに変わらないと思うんです

それでも結果が出せてこそ職人技術だと思うので

そんな風になれるように精進します

それではまた!

 

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

スパム防止のため、コメントの際は計算式の答えを半角数字で入力ください。