神戸 美容院sur 他店で縮毛矯正あててビビリ毛に・・チリチリして艶もなくコンプレックスになり最悪欝になる可能性だってあるのです

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

縮毛矯正ビビリ毛の修復トリートメントで直るか?

こんばんは

ご新規のお客様で縮毛矯正をしてビビリ毛になったから何とかして欲しい

レスキューのメールいただきました

ビビリ毛になった髪

本当は前髪だけするつもりが全部やったほうが楽になりますよとの一言で全体施術

もともと大きなうねり程度だったものが

表面からチリツキ そしてかなり広範囲そんな状態・・

髪がまとわりつく感じ

絡まり もつれ 弾力もない

1本1本がしなやかに動かず

束となって動く ツヤもない

縮毛矯正をあてる前にはなかった表面からのアホ毛

エイジング毛を人工的に表現した感じw

縮毛矯正でチリチリになった髪
ビビリ毛になったことは初めてで

ビビリ毛という言葉ももちろん知らないし

ちりちりになった状態を見てビビリ毛とはどういうものか知る

ビビリ毛になってしまった以上、長期戦は覚悟してください

ダメージの最終地点として

◆炭化

◆ビビリ毛

◆切れ毛、ゴムのように伸びる

単純にビビリ毛であれば修正も可能な場合も多い

ただし、今回の場合、前髪は炭化しており

表面部位も怪しい・・そして切れ毛もあり

ゴムのように伸びるところもある

全てのMIX

この状態では修正で縮毛矯正をあてるのはリスクを伴う

毛髪が薬剤に耐え切れず切断される、溶ける

こういったことも考えられるので

オリジナルトリートメントでの毛髪内部の栄養素の補給と

擬似のキューティクルを作って歩留まりをよくする必要があります

ちなみに一般の業務用システムトリートメントは

シリコーンとオイルでがっちり皮膜する

内部の髪の強度を上げるには役不足なんですよ

手触りはいい感じにできますが

ツヤとか弾力の回復は残念ながら期待できません

そして、ご自宅で私がセレクトしているケアセットを使っていただきます

自宅で日々栄養分を更新していく必要性があります

ここが重要です

日々のお手入れこそが1番肝心

二人三脚のケアが必要になります

そこのところをご理解ください

今回ビビリになった原因は

薬剤の アルカリ値、還元剤濃度がオーバースペック

脱水過程のアイロンワーク処理のミス

耐熱処理をきちんとしていなかった

こんなところかな?と思います

重要なポイントとして

薬品関係、カラー剤も含めて

強烈な酸化促進反応があります

酸化とは言い換えれば錆びみたいなもの

つまり、エイジングも進むわけです

今回のお客様は40代

白髪が出始めて、カラー頻度が上がること

ご自宅でホームカラー白髪染を併用していること

女性ホルモンの低下が始まってくるので

髪内部の構成も変わってきたり、ハリコシも低下してきます

いくつものことが重なり合って

エイジング毛といわれるものになってきます

この状態でも髪は20代に比べると

随分とダメージに敏感になっていて髪も親水化しています

そしてうねり、クセも強く出てくるんです

元々がストレートだった髪の方でも同じ

特にデリケートな髪が40代~50代だと私は思ってます

そのためこういった方への縮毛矯正は

非常に薬剤選定がシビアになります

私が予想してないこともたまに起こりますしね^^:

ビビリ毛にオリジナルトリートメント

なのでホームケアとして抗酸化ケアというのは欠かせないのです

エイジングの予防にもなりますからね

オリジナルトリートメントでのツヤ

美髪は1日してならず!

日々のお手入れの賜物です^^

ビビリ毛になったことは最悪かもしれない

だけど、髪の大切さも改めて感じられたと思います

これからは髪を大事に労わってあげてください^^

来月、縮毛矯正があてられるように調整いたしました

一緒に頑張りましょう♪

明日22日はお休みいただきます。

お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。

それではまた!

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

スパム防止のため、コメントの際は計算式の答えを半角数字で入力ください。