神戸美容院sur 髪のダメージでお困りならまずは試してみたい4つのこと 簡単なことなのでぜひお試しください

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

冬のヘアケア今すぐ実行できる痛ませない4つのケア

そろそろ冬も間近

空気が乾燥して肌に限らず

髪の毛までも乾燥してきます

元々ダメージしているとさらにダメージが進行していきます

簡単にいうと保湿を強化する

これに尽きるんですがもう少し詳しく見ていきましょう

熱いシャワーは髪が痛む原因

熱いシャワー

これは案外盲点だと思うことです

寒くなるとどうしてもシャワーの温度を上げてしまいます

これを防ぐには浴室温度を上げることです

家の断熱性能が高いと全て温度は均一なんです

暖房すら要りません

koudannetu

浴室暖房あるなら入る前に暖かくしておくこと

なければ電気ストーブでも構わないので暖めておきましょう

具体的な温度は42度

これを境に温度上げていくと一気にダメージが促進される

理想が38度くらいですが

冬場は寒く感じると思うので

40度くらいを目安にしてみてください

もっと言うと塩素や水流も関係してきますが

今回はまず温度を意識してみましょう

湯船に髪も一緒に浸かると大ダメージ

yubune

これも意識されていないことが多いです

ロングの方は必ずピンなので留めて

湯船に髪が浸からないように注意しましょう

温泉いくとマナーのひとつに髪を留めることを指定

しているところも多いですよね^^

大抵湯船は42度~43度辺りが冬場に多い温度です

これはシャワーよりも負担がかかります。

浸かるということは内部のタンパク質の流出も

激しくなります

前述しましたように塩素の影響も最も受けます

プールの塩素濃度よりはもちろん低いですが

それでも熱い湯が+されると

実際の濃度よりも影響が大きいです

ごわつきの原因となります

カラーやパーマの持ちにも深く関係しますので

必ず髪は湯船に浸からないように注意しましょう

アミノ酸シャンプーを使うこと

aminosan

これは30代からのシャンプー選びに必要な3つのこと

で書いたとおりです

寒くなり空気が乾燥してくると皮脂分泌も低下します

ここにラウレス硫酸などの高級アルコール系界面活性剤などで

洗髪を行うと頭皮だけではなく髪もぱさつく原因になります

不必要な皮脂だけ洗い流せるアミノ酸系が適していますし

硬い髪とやわらかい髪では

助剤の調整でしっとり、さらさら

どちらでも適合します

洗い流さないケアを徹底すること

kamino

空気中の水分量が少なくなると髪はパサツキが増してきます

静電気も帯びやすくなり更に広がりがち

さらにエアコンによる暖房が会社や商店

全体的に利用率が高い

対流熱で暖めるシステムですが

暖めると同時に乾燥を助長させることになるので

髪の水分も奪ってしまいます

fig30a

このように暖めたい足元が寒く

頭熱足寒になります笑

高性能住宅であればエアコンでも

コールドドラフトの発生が抑えられます

ちなみにストーブは灯油に水分が多いので

乾燥しません

だからより顔や肌が乾燥する原因です

暖房システムもよく考えるべき

水分の蒸発を抑えるには油分

よってオイルの使用量を増やすといいでしょう

ちなみにオイルは外部保護機能が主な目的

なので髪そのもののパサツキには

また別のケアが必要になってきますが

これはまた別の機会に触れたいともいます

元々水分量が多い髪質の場合は

オイルケアのみでいけると思います

何れにせよ素髪のまま放っておくのは

1番良くないのです

洗顔後、化粧水つけない女性はいないでしょう?

それと一緒で髪のケア

ここをもう少し見直して見てください

女性で化粧水だけしか塗らないって方

あまりいないと思います

肌にはたくさんのアイテムをつけて

ケミカル処理が加わる毛髪に

1種類のアイテムだけで完結させる

これはおかしいと思いませんか?

1種類で全ての機能をウリにした製品も多くある

でも結局それは、全部中途半端な結果になることが多いのです

手間隙かけてこそ美髪、美肌が生まれるのです

料理でもそうです

レトルトカレーでもご飯でもラーメンでもなんでもいいです

それを手間隙かけて材料吟味して作ったカレー

土鍋で炊いたご飯

鶏がらから煮込んだラーメン

こっちのが美味しい

donabe

 

手間隙かけてこそなんです

今の時代それが逆行している気がする

大切なのは髪への愛情です笑

ちなみに自分の髪質が太いのか細いのか

少ないのか多いのか

我々美容師は判断できても

お客様ご自身だと分からない方が多くおられます

これは自分以外の比較対象がないからです

ぜひ馴染みの美容師さんに聞いてみてください

自分の髪質が違ってくると

ケア方法も随分と変わってきますよ

・熱いシャワーをやめること

・湯船に髪を浸けるのはやめること

・アミノ酸シャンプーを使うこと

・洗い流さないケアを徹底すること

これを徹底してみてください

ここからまたネクストステージがあります笑

美髪は1日してならず

それではまた!

オリジナルトリートメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止のため、コメントの際は計算式の答えを半角数字で入力ください。