神戸美容院sur クセ毛に縮毛矯正の失敗、伸びない、パサパサチリチリゴワゴワ、髪が乾かないその対策と改善策は?

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

電話する

その強いクセ毛は縮毛矯正したのに何故伸びない?

こんばんは

お盆はいかがお過ごしでしょうか?

当店のお盆休み15日~19日まで

ご予約はWEB、LINEでしたらご対応可能です

ようやく念願の新築に引っ越すことができました

家族の協力のもと

すべて自分たちで行ったため、身体がバキバキですw

お盆休みは生活するスペースを確保することで精一杯になりそう・・

いずれシーサーブログに

WEB内覧会的な感じで
軽く紹介したいと思います

今朝、初めて白バイに捕まりました^^:

はじめてのゴールド免許も束の間だった

バイクのスピード違反で捕まらない自信があったので

今回はバタバタしていたこともあり迂闊でした

完全にミラーに写らない死角にいた

まさか信号待ちからのスタートダッシュが一緒だった

ということも気付かなかった

ということで敵に!?アッパレ

今回は抗議することもなくw

素直に負けを認めた やりますな~白バイの兄さん

完全に完敗

しかもサラリーマンから警官になったみたい

ハンターのような適職でしょ

盆休みないから辛いと言っていたけどw

縮毛矯正で伸びない、痛む、パサパサチリチリ!失敗するのはナゼ?

 

攻略したはずのsurの四天王の一角

やっぱり難解でした^^:

世の中には色んな髪質の人がいる

誰一人として同じ髪質の人はいない!

カラーやパーマもそこまで苦労はしなくとも

クセ毛をストレートにする縮毛矯正においては

クセ毛が伸びる、伸びない!?髪質、クセの質で

随分と方法が変るし、実際に伸びにくい髪の方は多いのです

縮毛矯正で失敗 チリチリのパサパサの正体は?

もちろんカラーでも黒い部分の染まりが異常に悪い方もいるし

パーマでも微シス毛という毛髪のシスチン量が少ない髪の方がいる

シスチンがなければパーマで曲げることはできない

縮毛矯正の失敗

その頻度は他のどんな施術よりも確率的に多い

縮毛矯正は美容技術の中で最も痛む技術だから

薬剤の力は分かりやすくいうとブリーチ並み

強アルカリに高還元剤を使用する

クセ毛が強ければ強いほど薬剤の力を限界まであげる必要がある

車でいうところのアクセル全開でレッドゾーンまで回しきって

ずっと運転しているようなもの

そうすればどうなるか?

燃費も悪いしエンジンの寿命が短くなる

最悪の場合エンジンブローするわけ

この状態がビビリ毛やテロテロに乾ききらない毛髪の状態

言葉は悪いが皆さんにも分かりやすく言うと

薬剤で無理やりキューティクルを開く

これがアルカリ剤の力

そこに還元剤が浸透して毛髪の結合を切る

ここまではカールを作るパーマとなんら変わりない

薬剤のパワーは全然違うけど・・

パーマにはない工程として

熱を入れる、天ぷら揚げる温度180度

もしくは200度超えもあり得る

結合を切った髪は動きやすいので

ここで熱変性、タンパク質を変性させておいて

それで固定して終わる

これがずっと変らない縮毛矯正の理屈

縮毛矯正は痛む!伸びない!ツヤ髪ストレートにはできないの?

 

IMG_7974[1]

結んでおられたので状態は分かりづらいですが

かなり疎水な髪質なので非常に質感がいい

軟毛ですがかなりの量感です

くせもそれほどでもないように感じる

多分、大抵の美容師さんなら薬剤選定間違えると思います・・

事実、surに来られる前は

当てる前よりも膨張して帰ってくるということも

よくあったそうですし、きちんと伸びたことは1度たりともない!

surにご来店くださってからはそれなりに伸びていると思われますが

なかなか納得の答えも出せない状態で毎回調合もチェンジしてます

梅雨を越したとはいえこの時期の関西方面の湿度

夜は90%オーバー

それが毎日です

そこに暑さも加わるから空気中の水分量が多い上

汗をかくシーズンです

梅雨や湿気でクセ毛がひどく広がる理由

梅雨が終わったからクセが出にくくなるわけではなく

湿度が下がりはじめる10月頃までは

クセ毛の方は非常にお手入れしにくいと思われます

今回のご希望はなるだけスリークに

ということで今回限界まで攻めてみました

今現時点での限界ポイントまで・・

諸刃の剣戦法が戦術です^^:

カラーも含めると5時間半費やしました

縮毛矯正とカラーは同時にやるほうがいい理由

縮毛矯正あてたのに痛んだだけでやる前よりも広がってしまった

ピンピンに伸びすぎてイヤ!

毎回パサパサでツヤとは無縁

ゴワゴワして触るたびに不快

髪が乾かなくて困っている

上にも記載の縮毛矯正の工程をもう一度ご覧ください

これはどこの美容室でも一緒なのです

工程は一緒でも中身はまるで別物

あなたのその悩みは解決することが可能です

縮毛矯正は痛む!

それは事実です

ですが!質感をやわらかくしたり

ツヤ感を増幅させ、髪の乾きを早くする

それは十分できる

そして皆さんが1番うれしいこと

縮毛矯正の頻度を下げることもできてしまう

縮毛矯正の頻度が下がるたったひとつの方法

surの縮毛矯正は相場よりは少し高いかもしれない

だけど頻度が下がれば他と変らない

もしくは安くなるかもしれない

何故縮毛矯正したのに伸びない、チリチリパサパサで

お手入れしにくい髪質に変ってしまうのか?

それはあなたの髪質に合わせた適正な薬剤設定がなされていないからです

縮毛矯正を得意としているサロンは別として

MENUのひとつとして提供している多くのサロンが

薬剤を3つくらい大、中、小しか使っていないんです

これでは一人ひとり違う髪質のお客様にあわせられない

お客様サイドからすれば知らない情報として

7割くらいの方はこれでうまくいっちゃうんです

そう!技術よりも髪質がいいからうまくいく

悩んでいるそこのあなたは残り3割の人!

だからある意味上手くいかなくって当たり前なんですね

 

IMG_7976[1]

なかなかスリークになったかな?

IMG_7977[1]

5月~10月くらいまでは

やりすぎくらいがちょうどいいのかもしれません

今回改めてそう感じました

長時間お疲れ様でした!

いつもありがとうございます^^

それではまた!

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

スパム防止のため、コメントの際は計算式の答えを半角数字で入力ください。