神戸美容室sur i痛みやすい小中学生の縮毛矯正の注意点

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

痛みやすい小中学生の縮毛矯正の注意点

くせ毛の悩みは大人だけではない。

思春期を迎えるお子様のがずっと悩んでいるように思う。

周りはストレートのさらさらヘアなのに自分だけパサパサでうねって周りと比較してしまう

1番敏感な時期。そんな時は親御様も縮毛矯正をあてるという選択肢を候補に加えてあげてほしい。

何故ならこの世代の髪って本来ならば何の化学処理も加えてないのですが

くせ毛の彼女達は何故だかとても痛んでいる。

何故痛んでいるかお分かりでしょうか?

くせ毛を無理やり伸ばしてボロボロに・・・

中学生 縮毛矯正

中学生の彼女。くせ毛に悩んでいるとお父様のレスキュー依頼で何とかしてほしいとのこと。

素敵なお父様ですね。教育とは関係ないと言っちゃだめですよ。

髪は女の命ですからね。。それに学生の間はメイクもできないし

かといって学校には校則という学力とは関係ないものが未だに続いている・・

私は平気で破ってましたけどねw

お洒落ができない環境なだけに髪への関心が最も高い時期でもあるのです。

しかし中学生とは思えないほど髪が痛んでいる。

一見するとくせ毛はそこまできつくないようにも見える。

中学生 小学生 縮毛矯正 ストパー

 

しかしカラクリがあります。

中学生 髪質改善ストレート

少し内側を見てみると・・これが本来のくせ毛。

つまりアイロンで表面を伸ばしているのだ。

しかも相当に髪が多いのでこれを全体的に真っすぐにするのは至難の技。

痛まない?潤う?ヘアアイロンは本当なのか!?

過度のストレートアイロンは髪を破壊する!

この世代の1番の悩みはくせ毛でありダメージは二の次。

なんでもいいからとりあえず真っすぐにしたい!これだけなんです。

だから髪が痛もうが切れようが物理的に髪を引っ張って髪を伸ばすことに専念している。

要は真っすぐになりさえすればなんでもいい。

学生時代の悩みはくせ毛でウネウネになるのがとにかく嫌なのだ!

その悩みを親御さんはしっかりと受け止めてあげましょう。

思春期になれば親にさえ相談しないかもしれない。

であれば雨の日の髪の状態とか、毎朝セットに時間かけているだとか・・

観察してみるとどれだけ悩んでいるのかよく分かると思う。

縮毛矯正は髪が痛むからやらせないんです!っていう意見は多いのだが

それは偏見ですよ・・

見てください。こんな風に毎日過度のアイロンをかけ続けるとどうなるかを・・・

アイロンでも伸びが悪いとなると少し濡らしたり、必要以上にあてすぎてオーバードライ状態。

しかもトリートメントで耐熱処理すらしてないのがこの子達世代の特徴でもある。

よーく見てください。髪が黒ではなく白っぽく見えると思います。

これは髪が過度な熱により焦げて炭化してしまっているのです。

なのでパサパサに乾いて引っかかりがあり、とてもごわついている。

こうなってしまうと髪の組織は破壊されているから回復は不可能です。

縮毛矯正はあてることで確かに痛みます。

しかしいくら組織が痛んでいたとしても、視覚的に見ても触れた感じでも

あてる前よりも綺麗にもっていくことが可能なのです。

毛髪の内部構造には変化が加わるのでダメージはしているのですが

本人が感じるほど痛んでいるとは思わないし、むしろ毎日のストレスから解放されるわけですから

お勉強もきっと熱が入りますよw

このくらいのくせ毛だと最低でも半年に1度はメンテナンスの必要はありますが

お金をかける価値は十分すぎるほどあるはず。

縮毛矯正でのダメージはある程度のレベルまでは補修できます。

しかし!アイロンの熱炭化は補修不可能です。

毎日ストレートアイロンVS縮毛矯正どちらが痛まないか?

中学生 縮毛矯正 ストパー

今回はカットせずでしたので熱炭化部分はどうしてもゴワゴワ感が残りますが

それでも乾かすだけでこの仕上がりですから、くせ毛に悩むことはしばらくないでしょう♪

それではまた!