神戸美容院sur パーマの再現性は乾かし方と保湿ケアにあり、スタイリングするという習慣を見に付けましょう

営業時間:11:00~20:00
〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町3-1-23
クレアール神戸2F TEL:078-331-6889

電話する

パーマを自宅で再現するための2つの心得

ある雑誌の記事で
サロンで作ったヘアスタイルをご自身で再現した場合

どんな風になるか?というものが載っていた

結果は・・・

全くの別のヘアスタイルになっている^^:

10人中1人くらいが再現しているといった具合

パーマを自宅で再現するための2つの心得について

まず知って欲しいことはヘアスタイルカタログ

これを参考にしないことです

モデルになった人ならお分かりであろう

そのイカサマを・・

コテでばっちりセットして

〇〇パーマです!など日常茶飯事なのですよ

パーマは一切あてていない

ただ巻いただけでもパーマに・・

パーマをあてたい人はよく言う

巻き髪みたいなクッキリカールが欲しい

結論から言ってしまえばほとんど無理がある

一部の髪質ではできる場合も有り

それでもコテで巻いたようなリッジ感、ツヤ感

これにはとても及ばない

もう少しナチュラルになるのです

img_8771

パーマ後2ヶ月程度経過

何もしなければパーマってこんな状態

パーマを再現するには乾かし方がポイント

夢を現実にしてしまった感もあるけど

これが正直なパーマの実態なのです

ストレートと同様な乾かし方では

カール感など出ないし

広がってぱさつくだけ

この乾かし方こそパーマの再現性高めるポイントです

パーマをあてた後

美容師の乾かしたを目に焼き付けといてください笑

簡単に言うと

根元はしっかりドライ

毛先は7割くらい乾いてきたら

ねじる、手のひらに毛先から持ち上げて

中間まで毛束を入れ込んでドライする

もし難しければ

プロ用の商品

ディフューザー

6665

これ使えばめっちゃ楽です

欲しい人は仕入れとくので言ってくださいね

普通に乾かすと必ずカールはだれます

だからこそそのカールを崩さないように

ドライすること

これが再現性を高めるポイントです

毛先の保湿を徹底すること

昨日紹介した製品もばっちりです

新製品 ダメージの根本トリートメントケア

水分と油分のバランスも大切なポイント

ツヤサラになるための正しい洗い流さないトリートメントケア

パーマは縮毛矯正と違って

パサツキや手触り面で不利なので

しっかりと保湿をしましょう

濡れている時にしっかりと保湿ケアをし

半乾き程度まできたら

トリートメントフォームを使い

さらに保湿をします

フォーム使うとリッジ感もでやすい

そこからディフューザー使って

乾かせばカール感は再現しやすい

1~2ヶ月程度で

オリジナルトリートメントで

タンパク質の補充をしてあげれば

ハリコシの回復とカール感がまた戻ってきます

ちょうどこんな感じです

 

img_8772

パーマを再現するには手入れは必要

馴れれば難しくないし

ずっと縮毛矯正だったH様も

パーマのが楽!っとおっしゃいます

一部ノーメンテでいけそうな髪質は

このような疎水度の高い潤いのある髪の場合のみ

完全菜食主義ビーガン(VEGAN)からの脱却パーマ

残念ながらこういう髪質の方は少ないです

何でもそうですが

ノーメンテでいけるはずがない

掃除エアコンもダストボックスを捨てないといけない

ルンバだってそうだ

パーマをあてて何もつけないのは絶対NG

オイルなどの保湿でも

スタイリング剤でもなんでも構わないので

乾燥させないようにだけお気をつけください

私もずっとパーマヘアですが

何もつけないとただ広ってる

パサパサになっているだけ笑

ジェルで水分補給してテカリをだして

カール感も出てくるんですよ

パーマあてたいなら

乾かし方

保湿ケア

これだけは必ず守ってください

そうそう!雨の日がカールが出やすいのは

湿度ですね、クセ毛と同じ

雨の日のがカール出やすいですよ~

 

それではまた!

 

 

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

スパム防止のため、コメントの際は計算式の答えを半角数字で入力ください。